残暑厳しい折、ソーダ水で淹れるハーブティはいかが?

8月。野香茶を生産する、北杜市明野町の上原寿香さん(Camino natural Lab.)を訪ねた。

前回訪問した春から、庭や施設が進化しているのに驚く。庭の入り口には、種から数年がかりで発芽させたというハマナスが、4〜5本地植えで、次の開花シーズンを待っている。フードガーデンでは、ヤグルマソウが咲き納め!といわんばかりに美しいブルーを彩っていた。

ラボラトリーは大幅に改築され、洗練度がさらに増し、訪れる人をうっとりさせるだろう。これらすべて、寿香さんひとりの手で進めているというから、その熱量に圧倒される。季節や環境に加え、彼女のイメージによって変化し続けるガーデン。時折、訪れては、メッセージを受け取れることを幸せに思う。

今年度、八ヶ岳セレクション用にブレンドしていただいているハーブティの第2弾には、晩夏にソーダ水でも美味しく淹れられる工夫をして登場です。ミントやレモングラスの爽やかさに加え、ローズヒップとハイビスカス、それにリコリスはパウダー状にして甘みと香りがでやすいように手を加えた。ぜひ、ソーダ水を飲みたい季節のうちにお求めください。もちろん、水やお湯でも美
味しくいただけます。

ヤグルマソウのブルーが映える、第一弾フレーバーもわずかですが在庫があります。寿香さんが収穫する画像とともにお味わいください。

関連記事

  1. 八ヶ岳 モーニング

    『セレクション』八ヶ岳・南アルプスの究極の朝ごはんセット(約4〜5 人分)

  2. パンの酵母のもと|八ヶ岳セレクション 朝食セット

Upcoming Events

error: